活版印刷、特に名刺作成が人気です。

若い人は活版印刷を知らないということですが、つい最近まで主役でいた印刷技術です。

Wikipediaによりますと活版印刷は5世紀に渡って世界の印刷の中心に居続けたそうです。

しかし、最近になってデジタル製版になったとあります。

 

今日の活版印刷(Wikipedia 活版印刷)

kappanwiki

当大林印刷もまさにその歴史でした。

しかし当社は活版印刷の機械を4種現役で活用しております。

なぜなら活版にしかできない事も有るからです。

 

また、今日では名刺を活版で作る人が増えております。

本来の活版印刷はなるべく凹凸を出さないようにするのが大事なのですが、逆に凹凸を出す事が人気となっています。

他の手法で刷られた名刺やパソコンプリンターで刷られた名刺はほぼ平らです。しかし、活版印刷で刷られた名刺は指触りが違います。

若い方はそこが「おお!」となるようです。

何か特別な名詞、記念の名詞・クリエーターの名詞などの分野で人気です。

既に活版印刷が出来る印刷業者も少なくなりましたので、いまだ活版印刷もやっている当社への問い合わせや注文が徐々に増えており何か不思議な気がします。

ただ、活版は活字を並べる手間暇のかかる作業が有りますので普通の印刷よりどうしても高くなります。

でも当社は地方都市の印刷業者なので大都市の業者さんと比べるとお手頃ではあると思います。

あなたも、記念の名刺、特別な名刺作りに活版印刷などいかがでしょう。

是非お問い合わせください。

用途に合わせて推奨紙(凹凸を際立させたりできる紙)などもご紹介できます。

1つだけお願いがあります、普通の印刷と比べて活版印刷は手間がかかりますので通常の印刷より納期は少し遅くなります。その点ご了承願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年4月26日 | カテゴリー : 印刷関連 | 投稿者 : oobayashi3

目立つ印刷、目立つ名刺

当大林印刷ではでこぼこした立体印刷の名刺を作成しており、営業職の皆様に好評いただいております。

手触りで「おや?」と思っていただけますから。

meishi05

 

名刺1つで自己アピールできれば安いもの。

ということで様々な名刺を集めたサイトを発見しましたのでご参考にどうぞ。

 

gigazine.net:デザインで勝負して相手の印象に残ることを目指した名刺あれこれまとめ

 

meishi

 

奇抜な名刺が29種紹介されています。

当社も長岡市内・中越地域からのご要望で様々な名刺を作ってきましたので問い合わせてください。ただしできることとできないことがあります。その点はよろしくです。

 

まずはベーシックな立体名刺をどうぞ。

meishi01

 

 

2016年5月16日 | カテゴリー : 印刷関連 | 投稿者 : oobayashi3

活版印刷機デルマックス稼働中

当社大林印刷の特徴として

最新技術から古い技術まで対応していることです。

この活版印刷機デルマックスもそんな古い技術の一つです。

活版印刷でないと出ない味わいがありますので現在も稼働中です。

 

delmax02

また、メカニックが外からも良く見えてその動きも楽しい部分でもあります。

が、そのメカニックの調整が職人の腕の見せ所。

その職人が調整してこの印刷機で印刷した風合いでこそ成り立つ印刷物もあります。

 

と、いう事で全国でも根強い人気があります。

そんな紹介サイトをご案内します。

 

デルマックス動いてます(いんぱく通信:印刷博物館)

http://www.printing-museum.org/blog/?p=6316

insatsuki

「工房にある様々な印刷機の一つ、デルマックスを紹介します。30年ほど前につくられた、・・・」

から始まる特集です。どうぞお読みください。

 

デルマックス印刷機で印刷してもらいたい方はぜひ当社にご相談を!

 

 

 

2016年2月3日 | カテゴリー : 印刷関連 | 投稿者 : oobayashi3